第20回日本健康・栄養システム学会大会

第20回日本健康・栄養システム学会大会 開催のお知らせ


今般の新型コロナウィルス感染症拡大に伴い、第20回大会は、まことに残念ですが千葉大学けやき会館で皆様をお迎えすることが難しくなりました。しかし、中止することなくICTを活用してこの難局をご一緒に乗り越え、NCM学会の未来につなげたいと願っております。
多くの皆様のご参加をお待ちしております。

第20回日本健康・栄養システム学会大会
大会長 野地 有子

(画像をクリックするとPDFが開きます)

 

第20回大会の開催方法の変更

今般の新型コロナウィルス感染症拡大に伴い、第20回大会は、まことに残念ですが千葉大学けやき会館で皆様をお迎えすることが難しくなりました。しかし、中止することなくICTを活用してこの難局をご一緒に乗り越え、NCM学会の未来につなげたいと願っております。
多くの皆様のご参加をお待ちしております。

第20回大会は、ウェビナーで、Web_1day開催に切替え実施させていただきます。参加方法は、初めての方でも参加しやすい方法です。新型コロナウィルス感染症拡大の状況にもよりますが、お一人の参加でも、小人数ご一緒の参加でも、状況にあわせて柔軟に対応いただけます。

1.ウェビナーについて
ウェビナーとは「ウェブ(Web)」と「セミナー(Seminar)」を合わせた造語です。インターネットを利用してセミナーの動画をリアルタイムで配信することを意味します。
大会の動画は、参加者皆様にへの一方通行で配信されます。従いまして、参加者ご自身 の姿(映像)が主催者および他の参加者に見えることはありません。途中参加・退出は自由です。
意見交換や質疑応答の音声は、主催者からマイクが回るように操作しますので 、手上げしていただければ順次、演者等とのやりとりが出来ます。チャット機能で随時、文字での意見もあげられます。

2.インターネットでご参加下さい
動画配信による大会のため、インターネットに繋がったパソコンをご用意下さい。
iPhoneやAndroidのスマートフォンでも利用可能です。
参加方法につきましては、参加登録者に事前にお知らせ致します。初めての方でも分かりやすく参加しやすい方法です。

第20回日本健康・栄養システム学会大会

テーマ:「人生100年令和の時代を支えるNCM」
日程:2020. 6.21(日) 10:00~15:10 学術大会 (9:45~スタンバイ)

会場:WEB開催 ~参加者も音声で参加できる参加型ライブ配信~

実施本部:千葉大学大学院看護学研究科 ケア開発研究部

今般の新型コロナウィルス感染症対応により、本大会はWEB_1day開催となります。
最新の情報、詳細は、学会ホームページに随時更新を致します。

理 事 長:三浦 公嗣  (日本健康・栄養システム学会 理事長 / 慶応義塾大学 教授)
大 会 長:野地 有子(千葉大学 教授)
副大会長:野本 尚子(千葉大学医学部附属病院 臨床栄養部副部長兼栄養管理室長)
副大会長:須永 美幸(聖徳大学 教授)

 

主要なプログラム

◆ 午前の部 ◆
10:00~10:10 開会式
理事長挨拶 三浦 公嗣 (日本健康・栄養システム学会 理事長 / 慶応義塾大学 教授)
大会長挨拶 野地 有子 (千葉大学大学院看護学研究科 教授)

10:00~10:25
〇第20回大会長講演「人生100年令和の時代を支えるNCM」
演者 野地 有子  (千葉大学大学院看護学研究科 教授)
座長 杉山 みち子 (神奈川県立保健福祉大学大学院 教授)

10:25~10:45
〇第20回記念講演「今、私たちは何をすべきか~NCMのさらなる発展」
演者 三浦 公嗣 (日本健康・栄養システム学会 理事長 / 慶応義塾大学 教授)
座長 小山 秀夫 (日本健康・栄養システム学会 事務局長 / 兵庫県立大学 特任教授)

10:45~11:15
〇特別教育講演
演者 深柄 和彦 (東京大学 教授)
座長 加藤 章信 (日本健康・栄養システム学会 副理事長 / 盛岡市立病院 院長)

11:15~12:00
〇特別シンポジウム
シンポジスト
遠又 靖丈 (神奈川県立保健福祉大学大学院 准教授)
高田 健人 (神奈川県立保健福祉大学 助教)
堤  亮介 (平成医療福祉グループ)

座   長
遠又 靖丈 (神奈川県立保健福祉大学大学院 准教授)

◆ 昼 の 部 ◆
12:00~13:00
〇webランチョン・セミナー「食と健康に重要な環境衛生について~実は間違っている?」
演者 松本 忠男  (株式会社プラナ 代表取締役)
座長 藤田 比左子 (千葉大学大学院看護学研究科 特任教授)

◆ 午後の部 ◆
13:00~15:00
〇日本健康・栄養システム学会 / 日本臨床栄養学会企画 合同シンポジウム
「臨床栄養と健康な地域社会」
演者
菅野 義彦 (日本臨床栄養学会 理事長 / 東京医科大学病院 副院長、腎臓内科教授)
三浦 公嗣 (日本健康・栄養システム学会 理事長 / 慶応義塾大学 教授)
加藤 昌彦 (日本健康・栄養システム学会 副理事長/ 椙山女学園大学 教授)
田中 和美 (神奈川県立保健福祉大学大学院 教授)

座長
加藤 昌彦 (日本健康・栄養システム学会 副理事長/ 椙山女学園大学 教授)

15:00~15:10 閉会式
NCM学会事務局長 小山 秀夫 (兵庫県立大学 特任教授)

17:00~18:00 研究交流会 ウェブ開催

総合司会
副大会長 野本 尚子(千葉大学医学部附属病院 臨床栄養部 栄養管理室長)
副大会長 須永 美幸(千葉大学医学部附属病院 臨床栄養部 栄養管理室長)

お申し込み

参加申し込みは終了いたしました。

 

演題登録(一般演題について)

【WEB開催のため紙上発表になります】

【演題募集期間】 3月2日(月) ~ 5月22日(金)
※演題締切ました。
【提 出 方 法 】 電子メールにファイルを添付して送信
・演題登録テンプレート・抄録テンプレートに従ってファイルを作成し、2つのファイルを学術集会事務局 ncmc2020-office@umin.ac.jp にメール添付の形で送ってください。
・提出するファイル名および提出のメールの件名は、“NCM”で始まる筆頭著者の氏名(例:NCM千葉花子)としてください。
・ファイル送信後、1週間経過しても抄録受領通知がない場合は、大会事務局 jncmc2020-office@umin.ac.jp までお問い合わせください。

【発 表 形 式】
1)Web開催のため、一般演題はすべて紙上発表になります。
2)発表区分は「研究」と「実践活動」になります。

【抄録現行の作成方法】
1) 抄録作成上の留意点
抄録テンプレートに示した書式を守ってください。
逸脱している場合は、修正・再提出を求めることになります。
2) 抄録作成要領
・原稿は、本文および図表を含めすべて電子データ形式とします。本文のファイル形式は、MS Word(Windows版)を使用してください。
・A4版横書き、余白は上下左右それぞれ25mmとします。
・本文の文字数は全角で1440文字(45字×32行)以内とします。タイトル・氏名・所属は文字数に含まれません。この範囲での文字数は自由です。
・表題・本文のフォント等は、抄録テンプレートをご参照ください。
・句読点は、点(、)、まる(。)を用い、句読点・カタカナなどは全角文字、アルファベット・数字は半角文字を使用してください。
・図表はつけないでください。
・「研究」の場合は、【目的】、【方法】、【結果】、【結論】がわかるように記載してください。
人を対象とする研究の場合は必ず【方法】に、研究倫理委員会の承認を受けていることを記載してください。
「実践活動」の場合は、これに従う必要はありませんが、下記の例のような見出しを付けて、読みやすい形式で作成してください。
【はじめに】【目的】【活動内容】【経過】【活動の評価】【結論】【今度の課題】など

4. 演題応募・発表資格
・筆頭演者は、会員に限ります。
・筆頭演者としての発表は、1人1演題でお願いいたします。
・日本健康・栄養システム学会の会員は、筆頭演者または共同演者として演題登録することができます。
・非会員の参加者は、共同演者として、演題登録することができます。
・筆頭演者は必ず事前参加登録を行い、参加費のお支払いをお願いします。

5. 演題の採択・不採択の通知
演題の採否は、大会事務局で検討の上、決定後にメールにてご連絡いたします。

演題募集

演題登録テンプレート  抄録テンプレー

お問合せ先

【第20回大会事務局】
事務局長 藤田 比左子(千葉大学大学院看護学研究科特任教授)
〒260-8672 千葉県千葉市中央区亥鼻1-8-1
千葉大学大学院看護学研究科 ケア開発研究部内
TEL/FAX 043-226-2404
Email  ncmc2020-office@umin.ac.jp