日程:2021年6月26日(土) 9:30~16:40

オンライン(ZOOM)で行います。インターネットにつながったパソコン、スマートフォン、タブレットをご用意ください。教材はメールにて発送いたします。

研修費用:9,000円(臨床栄養師・一般会員) / 12,000円(会員以外)

臨床栄養師継続研修の案内はこちら

プログラム

09:00~09:30 受付
09:30~11:00
講演:摂食・嚥下リハビリテーションと低栄養対策
講師:菊谷 武先生(日本歯科大学口腔リハビリテーション多摩クリニック院長)

11:10~12:40
講演:近森病院におけるチーム医療とは?~急性期に求められる管理栄養士の役割~
講師:宮島 功先生(社会医療法人近森会 近森病院 臨床栄養部 部長)
司会:竹内 沙紀(しのざき医院:臨床栄養師)

13:30~15:00
症例検討1 テーマ:急性期医療における退院支援
演者:竹林 尚恵(福井県済生会病院:臨床栄養師)

15:10~16:40
症例検討2 テーマ:地域医療における在宅連携
演者:大谷 千晴(金沢西病院:臨床栄養師)

臨床栄養師継続研修20単位(コードA1「学会主催の研修会」)認定

(問合わせ先)
一般社団法人 日本健康・栄養システム学会 東京都台東区浅草橋3-1-1TJビル3階
研修内容: ncm.sugimiko@gmail.com、ncm.kanou@gmail.com  Tel: 045-321-6355
申し込み・経理:ncm-kensyu@j-ncm.com  Tel:03-5829-8590

申し込み方法

申込〆切:2021年6月18日(金)

■受講料振り込みの確認をもって、正式登録となります。 振込後の返金は致しかねます。
■いただいた個人情報は適切に管理し、当学会関連の案内送付等を除き、第三者に開示・提供はいたしません。

    【WEB開催のため、採択された方はライブ配信、それ以外の方は紙上発表になります】

    1. 演題申込方法
    1)演題募集期間:2021年5月10日(月)~6月4日(金)17時 ※延長はございません。
    2)提出方法:電子メールにファイルを添付して送信 ・演題登録テンプレートおよび抄録テンプレート(ホームページよりダウンロード)に従ってファイルを作成し、ファイルの2種を大会事務局 ncm2021shizuoka@gmail.com にメール添付の形で送ってください。
    ・提出するファイル名および提出のメールの件名は、“NCM”で始まる筆頭著者の氏名としてください(例:NCM静岡花子)。
    ・ファイル送信後、1週間経過しても抄録受領通知がない場合は、大会事務局までお問い合わせください。

    <テンプレートは以下をクリックするとダウンロードできます>
    ■演題登録テンプレート
    ■抄録テンプレート

    2. 発表形式
    1)Web開催のため、採択された方はパワーポイントなどを用いた口頭発表になります。 採択されなかった方は紙上発表になります。
    2)発表区分は「研究」と「実践活動」になります。
    3. 抄録原稿の作成方法

    1) 抄録作成上の留意点 抄録テンプレートに示した書式を守ってください。 逸脱している場合は、修正・再提出を求めることになります。
    2) 抄録作成要領 ・原稿は、本文および図表を含めすべて電子データ形式とします。本文のファイル形式は、MS Word (Windows版)を使用してください。
    ・A4版横書き、余白は上下左右それぞれ25mmとします。
    ・本文の文字数は全角で1440文字(45字 × 32行)以内とします。タイトル・氏名・所属は文字数に含まれません。この範囲での文字数は自由です。
    ・表題・本文のフォント等は、抄録テンプレートをご参照ください。
    ・句読点は、点(、)、まる(。)を用い、句読点・カタカナなどは全角文字、アルファベット・数字は半角文字を使用してください。
    ・図表はつけないでください。 ・「研究」の場合は、【目的】、【方法】、【結果】、【結論】がわかるように記載してください。 人を対象とする研究の場合は必ず【方法】に、研究倫理委員会の承認を受けていることを記載してください。 「実践活動」の場合は、これに従う必要はありませんが、下記の例のような見出しを付けて、読みやすい形式で作成してください。 【はじめに】【目的】【活動内容】【経過】【活動の評価】【結論】【今度の課題】など

    4. 演題応募・発表資格
    ・筆頭演者は、会員に限ります。
    ・筆頭演者としての発表は、1人1演題でお願いいたします。
    ・日本健康・栄養システム学会の会員は、筆頭演者または共同演者として演題登録することができます。
    ・非会員の参加者は、共同演者として、演題登録することができます。
    ・筆頭演者は必ず事前参加登録を行い、参加費のお支払いをお願いします。

    5. 演題の採択・不採択の通知
    演題の採否は、大会事務局で検討の上、決定後にメールにてご連絡いたします

    第1日目 2021年6月20日(日) 9:30~16:10
    会  場 静岡県立大学 小講堂 および オンライン(WEB)

    09:00 受付開始

    9:30~10:00 評議委員会・総会

    10:00~10:30 臨床栄養師授与式

    10:30~12:00 一般演題(口頭発表)

    13:10~13:55
    教育講演2 「わが国における栄養政策の動向と今後の課題」
    演者 清野 富久江 (厚生労働省健康局健康課栄養指導室長)
    座長 合田 敏尚  (静岡県立大学食品栄養科学部 特任教授)

    14:00~16:00
    日本健康・栄養システム学会/日本臨床栄養学会企画 合同シンポジウム「在宅医療・介護を支えるチームを創る」
    座長 菅野 義彦 (日本臨床栄養学会 理事長/東京医科大学腎臓内科学分野 主任教授)
            新井 英一 (静岡県立大学食品栄養科学部 教授)
    在宅訪問栄養指導を支えるチーム
    演者 古賀 奈保子(医療法人社団いばらき会いばらき診療所)
    在宅医療チームの革新・発展における医師の役割
    演者 梅垣 宏行(名古屋大学大学院医学系研究科 准教授)
    地域包括ケアにおける専門職協働の課題
    演者 東野 定律(静岡県立大学経営情報学部 教授)
    多職種協働へのチームSTEPPSの活用の工夫
    演者 富安 眞理(静岡県立大学看護学部 教授)

    16:00 閉会式

    第1日目 2021年6月19日(土) 10:00~16:30
    会  場 静岡県立大学 看護学部棟 および オンライン(WEB)

    09:30 受付開始

    10:00~10:10 開会式
    理事長挨拶 三浦 公嗣 (日本健康・栄養システム学会 理事長/慶応義塾大学 教授)
    大会長挨拶 合田 敏尚 (第21回日本健康・栄養システム学会大会大会長/静岡県立大食品栄養科学部 特任教授)

    10:10~10:40 
    大会長講演 「『食べること』を支えるチームとシステムを考える」
    演者 合田 敏尚 (静岡県立大学食品栄養科学部 特任教授)
    座長 杉山みち子 (日本健康・栄養システム学会 理事/兵庫県立大学大学院 客員教授)

    10:45~11:15
    理事長講演 「食生活支援活動と日本健康・栄養システム学会の役割」
    演者 三浦 公嗣 (日本健康・栄養システム学会 理事長)
    座長 加藤 章信 (日本健康・栄養システム学会 副理事長/盛岡市立病院 院長)

    11:20~12:10
    リレー講演 「栄養ケアの現場と政策をつなぐ視点」
    座長 野地 有子 (千葉大学大学院看護学研究院 教授)
    医療における栄養ケアの課題
    演者 矢野目 英樹 (社会医療法人財団慈泉会相澤病院栄養科 科長)
    地域包括ケアにおける栄養政策の現状
    演者 田中 和美(神奈川県立保健福祉大学 教授)

    13:30~14:15
    教育講演1 「令和3年度介護報酬改定の意味すること」
    演者 小山 秀夫 (日本健康・栄養システム学会 事務局長/兵庫県立大学 特任教授)
    座長 杉森 祐樹 (大東文化大学スポーツ・健康科学部 教授)

    14:20~16:30
    シンポジウム「令和3年度介護報酬改定により栄養ケア・マネジメント改革はなされるのか?」
    座長 杉山みち子 (日本健康・栄養システム学会 理事)
    加藤 昌彦(日本健康・栄養システム学会 副理事長/椙山女学園大学 教授)
    介護保険施設の栄養ケア・マネジメントを担う管理栄養士の育成の課題と今後:全国研修から
    演者 加藤 すみ子(日本栄養士会 福祉事業 担当理事)
    新たな栄養ケア・マネジメントの取り組みの現状と今後の課題1:体制強化と管理栄養士業務
    演者 苅部 康子(介護老人保健施設 リハパーク舞岡 栄養課長)
    新たな栄養ケア・マネジメントの取り組みの現状と今後の課題2:多施設マネジメントから
    演者 堤 亮介(平成医療福祉グループ 栄養課長)
    特定施設入居者生活介護における低栄養の現状と栄養ケア・マネジメントの必要性について
    演者 麻植 有希子(SOMPOケア(株)地域包括ケア推進部 企画グループリーダー)
    追加発言 日名子 まき(厚生労働省老健局老人保健課 介護予防栄養調整官)
    -総合討論-

    令和3年度介護報酬改定に対応した研修会の開催

    令和3年度介護報酬改定にて認知症グループホームにおける栄養管理体制加算が新設されました。当学会では令和2年度厚生労働省老人保健健康増進等事業にて「認知症対応型共同生活介護における栄養管理のあり方に関する調査研究事業」に取組、その事業結果を公表しております。

    「令和2年度老人保健健康増進等事業」の報告書はこちら

    調査事業を通じて作成を致しました手引書を基に、今回は「公益社団法人 日本認知症グループホーム協会」様と共催にて令和3年度介護報酬改定に対応した研修を開催させて頂く事になりました。

    研修会案内パンフレットはこちら

    詳細

    日  時:令和3年5月1日(土) 13:30~ (受付開始13:30)
    開催方法:WEBによる開催(インターネットにつながったタブレット、パソコン等をご用意ください)
    対象者 :認知症グループホーム管理者、介護職、管理栄養士 関連職種等
    教  材:当会作成「令和2年度老人保健健康増進等事業 認知症対応型共同生活介護における栄養管理の実務のための手引書」
    費  用:2,000円(実費)
    申込締切:令和3年4月26日(月)
    支払期日:令和3年4月28日(水)

    ※ご入金確認後に参加用URLおよび資料ダウンロード用のURLをお送りさせて頂きます。
    ※受講料のお振込み確認をもって、正式登録となります。振込後の返金は致しかねます。
    ※システムの確認上、ご入金の確認は翌日以降となります。必ず期日までのお支払いをお願いいたします。

    当研修会は臨床栄養師継続研修10単位(コードA1「学会主催の研修会」)に認定されます。

    プログラム内容

    13:00~    受付開始(参加用ルームの開放)
    13:30~    研修会開始
    13:30~13:40 ご挨拶・趣旨の説明
            三浦公嗣 (当会代表理事/慶応大学病院臨床研究推進センター長)
    13:40~13:45 ご挨拶
            河崎茂子氏 (公益社団法人日本認知症グループホーム協会 会長)
    13:45~14:15 認知症グループホームにおける栄養管理体制加算について(口腔・栄養スクリーニング加算を含め)
            日名子まき氏 (厚生労働省老健局老人保健課 介護予防栄養調整官)
    14:15~14:45 認知症高齢者に対するミールラウンドと栄養ケア
            田中和美氏  (神奈川県県立保健福祉大学 教授)

    -休憩-

    14:55~15:55 栄養管理体制加算の実務の事例
            堤 亮介氏 (平成医療福祉グループ 栄養課長)
            谷中景子氏 (千春会病院 栄養科統括主任)
            苅部康子氏 (介護老人保健施設リハパーク舞岡 栄養課長)

    -休憩-

    16:05~16:55 質疑・応答
    17:00     閉会     ※一部内容を変更することもございます。ご了承くださいませ。

    お申込

      お問合せ先

      一般社団日本健康・栄養システム学会 事務局
      研修内容:ncm.sugimiko@gmail.com / ncm.kanou@gmail.com  TEL: 045-321-6355
      経  理:ncm-kensyu@j-ncm.com  TEL: 03-5829-8590

      栄養ケア・マネジメントのための給食経営管理のあり方、給食経営管理上の問題の早期解決をめざして、輸液から経腸経口移行の症例検討、栄養管理の一環として輸液管理の基本などの講義を行います。

      ※1日だけの受講も可能です。

      「研修会チラシはこちら」

      6月6日

      ■令和3年6月6日(日) 10:00~17:00 (講義6時間)

      ■講師
      【給食経営管理(基礎)】 
      麻植 有希子 先生 (SOMPOケア株式会社・地域包括ケア推進部)

      【給食経営管理(応用)】 
      清水 幸子 先生 (地域連携栄養ケア研究会・事務局長)

      【症例検討と発表(輸液から経腸経口移行)】
      高崎 美幸 先生 (鶴巻温泉病院栄養ケアサポート室・室長)

      ■費用
      当学会会員 9,000円 (1時間につき1,500円)
      非会員 12,000円 (1時間につき2,000円)

      ■申込期限:令和3年5月31日(月) 厳守

      お申込方法

      以下、フォームよりお申込ください。

      【お申込フォーム】
      https://forms.gle/JCHHH7SmfZnnCWms9

      「研修会チラシはこちら」

      令和3年度介護報酬改定に対応した内容、特定集中治療室における栄養管理(令和2年診療報酬改定)、小児患者を含めた低栄養に対応するための栄養ケア・マネジメントの要点や栄養ケアプロセスなどの講義を行います。

      ※1日だけの受講も可能です。

      「研修会チラシはこちら」

      5月22日

      ■令和3年5月22日(土) 10:00~17:00 (講義6時間)

      ■講師
      【経営の基礎】 ※
      小山 秀夫 先生 (兵庫県立大学大学院名誉教授・特任教授)

      【経営の基礎】 ※
      苅部 康子 先生 (介護老人保健施設 リハパーク舞岡・栄養管理課課長)

      【特定集中治療室における栄養管理】
      深津 和彦 先生 (東京大学医学部付属病院・教授)

      ※印は令和3年度介護報酬改定に対応した内容になります。

      ■費用
      当学会会員 9,000円 (1時間につき1,500円)
      非会員 12,000円 (1時間につき2,000円)

      ■申込期限:令和3年5月17日(月) 厳守

      5月23日

      ■令和3年5月23日(日) 10:00~16:00 (講義5時間)

      ■講師
      【栄養ケア・マネジメントの運営-計画・評価・品質改善活動 ※
      杉山 みち子 先生 (兵庫県立大学大学院・客員教授)

      【栄養教育(低栄養状態)】
      藤谷 朝実 先生 (淑徳大学・教授)

      ※印は令和3年度介護報酬改定に対応した内容になります。

      ■費用
      当学会会員 7,500円 (1時間につき1,500円)
      非会員 10,000円 (1時間につき2,000円)

      ■申込期限:令和3年5月17日(月) 厳守

      お申込方法

      以下、フォームよりお申込ください。

      【お申込フォーム】
      https://forms.gle/JCHHH7SmfZnnCWms9

      「研修会チラシはこちら」

      令和3年度 臨床栄養師研修生 募集開始

      新型コロナウィルス感染症が拡大する中で、自身や家族の健康を気遣いなら保医療福祉分野新型コロナウィルス感染症が拡大する中で、自身や家族の健康を気遣いなら保医療福祉分野をはじめ多くのサービス利用者のために日夜活躍されている皆様に深甚なる感謝と敬意捧げたいと存じます。

      世界に類のない超高齢社会となった我が国において、保険・医療・福祉分野における栄養ケア・マネジメントを担う臨床栄養師の必要性は益々高まっています。日本健康・栄養システム学会は、平成16年に臨床栄養師研修・認定制度を発足させ、今年度は18年目を迎えます。この間、およそ360名の臨床栄養師を輩出することができました。これらの臨床栄養師は、全国各地の病院、施設、行政、あるいは大学等において活躍し、臨床栄養や栄養ケア・マネジメントを推進するとともに、組織のマネジメントや後進の指導に活躍しています。

      臨床栄養師資格は、厚生労働省によって栄養サポートチームの加算要件として認められています。また、指定されている他学会の資格取得者、臨床栄養師研修施設の管理栄養士、大学院生には講座や臨床研修の免除も設け、多くの方々に研修に参加して頂けるように配慮をしております。

      多くの管理栄養士の方が臨床栄養師となって、生活習慣病や高齢社会の問題に対して臨床栄養やマネジメントに関する知識・経験を生かして、栄養から発信するイノベーターとして活躍しましょう。

      研修詳細

      令和3年度 臨床栄養師研修生 募集パンフレット

      令和3年度 臨床栄養師研修 募集要項

      新型コロナウイルス感染拡大に伴い、令和3年度は臨床栄養師研修の臨床研修が困難な状況が続いていることから、以下のように、緊急時の対応をすることとしました。
      感染拡大に伴う臨床研修特例措置について

      お申込み

      お申込は以下のURLまたはQRコードより「お申込フォーム」をご利用くださいませ。

      臨床栄養師研修 認定講座 (公開を含む)
      お申込フォーム
      https://forms.gle/JCHHH7SmfZnnCWms9

      栄養サポートチーム研修
      お申込フォーム
      https://forms.gle/y1662uhUPxqfq7av6

      一般社団法人日本健康・栄養システム学会

      一般社団法人日本健康・栄養システム学会(以下「本会」という。)は、「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成26年3月31日厚生労働省大臣官房厚生科学課長決定)に基づき、競争的資金等を適正に運営および管理するために必要な事項を定め、以下の取り組みを行います。

      1. 機関の責任体系の明確化

      責任・権限 担当
      最高管理責任者 本会全体を統括し、競争的資金等の運営・管理について最終責任を負う 理事長(代表理事)
      統括管理責任者 最高管理責任者を補佐し、競争的資金等の運営・管理について本会全体を統括する実質的な責任と権限を持つ 担当副会長
      コンプライアンス推進責任者 研究者等に対し競争的資金等の運営・管理について実質的な責任と権限を持つ 事務局長


      競争的資金等の取扱いに関する体制図

      2. 競争的資金等の運用に関する規程
      本会における競争的資金等の取扱いに関する規程を、下記「各規程等 1」のとおり定めます。

      3. 不正を発生させる要因の把握と不正防止計画の策定
      (1)本会が管理・運営する競争的資金等において、不正が疑われる場合の調査の手続き等に関し、下記「各規程等 2、3」のとおり必要な事項を定めます。
      (2)不正防止推進委員会を設置し、不正使用の発生要因の調査および不正防止計画の推進を行います。
      (3)具体的な不正防止計画を、下記「各規程等 4」のとおり定めます。

      4. 行動規範等
      (1)競争的資金等を適正に運営および管理し、不正使用を防止するため、研究者および事務職員等の行動規範を、下記「各規程等 5」のとおり定めます。
      (2)事務職員就業規則は別に定めます。

      5. 研究費等の適正な運営・管理活動
      (1)物品等の購入に係る不正を防止するため、当事者以外の事務職員等が検品を行います。
      (2)不正取引に関与した業者に対しては、取引停止等の処分を科します。

      6. 不正行為に関する相談・告発窓口
      (1)競争的資金等の使用に関する相談窓口、不正の疑いの指摘や研究者本人からの申し出等を受け付ける窓口は、以下のとおりです。

      窓口 一般社団法人日本健康・栄養システム学会 事務局長
      住所 〒111-0053 東京都台東区浅草橋3-1-1 TJビル3F
      電話番号 03-5829-8590
      FAX番号 03-5829-6679
      Eメール jimukyoku[アット]j-ncm.com
      相談手段 電話、FAX、Eメール、書面、または面会により相談できます

      (2)通報届を、下記「各規程等 6」のとおり公表いたします。
      (3)通報者は、「一般社団法人日本健康・栄養システム学会 競争的資金等の不正に係る調査等に関する取扱規程」に則り、保護されます。同規程は、下記「各規程等 7」のとおり公表いたします。

      7. モニタリングの在り方
      競争的資金等の適正な管理のため、モニタリング(監視)及び監査体制を整備いたします。

      8. 各規程等

      1 競争的資金等の取扱いに関する規程
      2 競争的資金等の不正にかかる調査等に関する取扱い規定
      3 コンプライアンス教育に関する規定
      4 競争的資金等の不正防止計画
      5 競争的資金等に関する行動規範
      6 通報届
      7 公益通報者保護規定
      8 利益相反の管理に関する規程
      9 競争的資金等に係る間接経費の仕様に関する方針
      10 内部監査に関する規程
      11 不正な取引に関与した事業者への取引停止等の処分に関する方針

      令和3年度介護報酬改定に備えた栄養管理研修会を開催いたします。

      ※多くのお申込を頂き有難うございます。想定申込者数を大きく上回り、参加枠の拡大等の対応をさせて頂きましたが、それ以上のお申込を頂いたため、満席としお申込を終了させて頂きます。

      ■日  時:令和3年3月13日(土) 9:00~17:15 (受付開始 8:30)
      ■開催方法:WEBによる開催。
      インターネットにつなった、パソコン、スマートフォン、タブレットをご用意ください。
      ■費  用:学会会員 5,000円 / 非会員 8,000円 (教材費込)

      ■テーマ:令和3年度介護報酬改定に備えた栄養管理研修-新たなる体制と取組のために-

      ■主 催:一般社団法人日本健康・栄養システム学会

      ■後 援:
      公益社団法人日本栄養士会 
      公益社団法人日本慢性期医療協会
      公益社団法人日本認知症グループホーム協会
      公益社団法人全国老人保健協会
      公益社団法人全国老人福祉施設協会

      お申込後、事務局より「受付番号」をご登録メールアドレスにお送りさせて頂きます。

      お申込

      満員のため、お申込は終了いたしました。