一般社団法人 日本健康・栄養システム学会

TOP PAGE > 研究紹介 > 予防給付「栄養改善」推進のための情報システムの開発

プロジェクト

予防給付「栄養改善」推進のための情報システムの開発

    分担研究者
  • 宇田 淳(広島国際大学 教授)
    研究協力者
  • 三橋 扶佐子(日本歯科大学 助教)
  • 高田 和子(国立健康・栄養研究所 上級研究員)
  • 星野 和子(医療法人渓仁会法人本部 栄養マネジメント室長)
  • 田中 和美(介護老人福士施設 ふれあいの森 栄養サービス課長)
  • 杉山 みち子(神奈川県立保健福祉大学 教授)
  • 荒尾 千華
  • 高田 健人(神奈川県立保健福祉大学大学院)
    開発協力者
  • 大久保 比呂美(広島国際大学 非常勤講師)
    目的
  • 「予防給付」栄養改善サービス関連帳票記載要綱に基づき、「栄養スクリーニング」、「栄養ケア計画書」、「栄養アセスメント・モニタリング」について、データベース化の作成を目指し、その基礎となる考え方の整理を行い、具体的に帳票を用いて、実際にデータベースの試用を行った。システム構築上の課題の整理、利用者からみた課題や効果について、調査することにより、今後のデータベース化の有効性と解決するべき課題について明らかにすることを目的として実施した。