一般社団法人 日本健康・栄養システム学会

TOP PAGE > 臨床栄養師研修 > 臨床栄養師継続研修

臨床栄養師継続研修と登録更新(2014/9/26更新)

継続研修

1.継続研修の履修方法

  • 1)臨床栄養師認定登録の更新のためには、認定期間(新規登録者は認定登録年月の1日から4年後の3月31日まで、登録更新者は登録更新年の4月1日から3年後の3月31日まで)内に、下記2.に定める100単位以上を履修する必要がある。
  • 2)そのうち30単位以上を学会が主催する継続研修・(特別)研修会・学術集会・地方会に参加することにより取得するものとする。
  • 3)研修内容は、臨床栄養師継続研修規則の第3条に規定する科目を基本とする。
  • 4)継続研修は認定登録後以後に、継続研修申込書を学会に提出することにより開始する。
  • 5)単位履修を証明する書類は各自が保管し、登録更新を申請する際に提出する。
  • 6)認定の有効期限は3年間であるが、出産や育児などしかるべき理由がある場合は、最長5年間まで延長が認められる。登録更新の延期を希望する者は延長届を提出し、研修委員会の承認を得るものとする。

2.継続研修の単位認定

  • 1)学会主催の継続研修・(特別)研修会・学術集会・地方会への参加者には、1回につき20単位を認定する。
  • 2)臨床栄養師認定講座のうち継続研修者の参加が認められるものについては、1時間につき5単位とする。
  • 3)認定講座や継続研修の講義担当者には、1時間につき10単位を認定する。
  • 4)学会が主催し、履修単位の指定された学術集会、継続研修、研究会での筆頭発表者及び継続研修の症例発表者(ファシリテーター・コーディネーターを含む)には、1回につき10単位を認定する。継続研修等に参加した者は発表により単位の加算ができる。
  • 5)臨床研修受託施設の監督責任者及び継続研修者(臨床栄養師)には、研修者(継続研修者を含む)1人10時間につき1単位を認定する。臨床栄養師の受託施設での継続研修は、10時間につき1単位とする。なお、臨床研修時間相当の症例検討指導は、1症例20時間につき2単位とする。
  • 6)査読のある学会誌等への自著等の掲載は、1原著につき筆頭者は30単位、筆頭者以外は10単位、1書籍につき10単位とする。ただし、当学会誌及び研修委員会に認められた学会誌を対象とする。
  • 7)その他、臨床栄養師研修委員会に認められた医療関連学会が主催する学術集会及び資格認定講座等への参加者、研修委員会が指定する支援事業に携わった者等には、1回につき5単位を認定する。

3.継続研修期間終了後の単位認定及び登録更新の方法

  • 継続研修の終了後は、期日までに各項目における証明書類を取りまとめ、学会事務局に必要書類を提出し、研修委員会の承認を得て、更新に係る費用を支払うものとする。

臨床栄養師継続研修の申込について

  • 臨床栄養師継続研修申込書(願書)・受講票(ワード版)は、臨床栄養師資格認定の後、すみやかに学会に提出してください。学会から受講票を返送しますので、継続研修等の参加の際には提示してください。次回の登録更新時には、この臨床栄養師継続研修申込書・受講票も更新しますので、下記の登録更新の提出用書類とともに、再度ご提出ください。 学会が主催し研修委員会が指定する継続研修等は、継続研修の認定単位を明記します。ご確認のうえでお申込みください。

  • 「臨床栄養師継続研修申込書・受講票【第(継)06,07号】」(ワ−ド版)

臨床栄養師資格登録更新について

4.継続研修について

平成26 年 臨床栄養師継続研修 プログラムのお知らせ。